生駒スマッシュの特徴①

本物の予備校講師による生授業

地元密着の予備校・塾では大学生がアルバイトで教えていることなんかがあります。

しかし、それでいいのでしょうか?高校入試ならともかく

大学入試においてはその方法は通用しないと生駒スマッシュは考えます。

 生駒スマッシュの講師はYゼミ・K塾などで受験生から絶賛を受けた

あまたの合格者を出してきた、プロ講師ばかり、しかも生授業です。

また、開講より13年間強い部分はより強く、弱点は補強に補強を重ね、

過去最高・最強の布陣がひけました。

 

“プロ”予備校講師の生授業。堪能して下さい。

 

生駒スマッシュの特徴②

少人数制

普通、予備校の講習であれば、一教室100名は当たり前、多い授業では

200名を超える人数で受講することになります。

 

その200名の中には授業中に平気でメールをしている子なんかもいます。

皆さんは、そんな中で集中できるでしょうか?

 

 生駒スマッシュでは1講座の受講生を30名に限定しています。

ですから全員に講師の目が行き、集中して勉強できる環境です。

質問のために待ち時間30分なんて馬鹿げたことはモチロンありません。

 

生駒スマッシュの特徴③

基礎徹底の授業内容

生駒スマッシュの講師は大手予備校の一流講師なので、

東大・京大レベルの難易度の高い授業もモチロン出来ます。

しかし、現役生対象にやみくもに難しいことをしても無駄なことが

ハッキリしています。

 

そこで、高3の夏休みが終わるまでは受験に必要な基礎・基本を徹底して

叩き込みます。

(逆に3年の夏が終わると、ドンドン実戦対策をしていきます)

 

高い建物を建てようとするなら、しっかりとした基礎が必要です。

大学受験にも同じことが言えます。

 

基礎・基本 バカにせずシッカリと身に付けて下さい。

 

生駒スマッシュの特徴④

経済的な合格パスポート

「パスポート」で申し込みをすると、46200(税込)で取りたい講座を

フリーパスで受講できます。1講座14700円(税込)ですから、

なんと4講座分以下の料金で6講座だろうが、8講座だろうが、取り放題

(テキスト代は別途)です。なぜ、こういったことが出来るのかと言うと、

生駒スマッシュは皆さんの実力を上げる以外の部分に

無駄にお金をかけないからです。

 

そこにかける分は力のある講師に来てもらうことや、

テキスト・テスト作成に向けました。 

生駒スマッシュの特徴⑤

生駒駅から徒歩2分(抜群の通いやすさ)

時間に余裕がある浪人生なら

電車に乗って、1時間かけて大阪の予備校に行くのもアリだと思います。

でも、高校があり、クラブもある現役生がワザワザ時間をかけて授業に出るためだけに時間を使うのはハッキリ言って浪費です。無駄です。

予備校は授業に出るためだけに行くのではありません。

開いている時間に出来るだけ顔を出して、自習室で勉強している仲間に刺激を受けながら受験に対するモチベーションを高く保つという効果もあるのです。継続して通うためには、通いやすい場所でないと難しいです。

その点、生駒スマッシュは非常に通いやすい場所にあります。

生駒スマッシュの特徴⑥

自習室の空いている時間が長い

最近、「家では勉強できない」という子が増えているように思います。

ゲーム・テレビ・ネットなどなど色々と誘惑が多いですから、

それも無理のないことでしょう。

ただ、大学入試に関しては、結局、勉強にどれだけ時間が割けるかによって

合否が決まるといっても過言ではありません。

(同じくらいのところを狙う子達の間でもともとの能力値の差は皆さんが考えているほど大きくはないですから)

そのため、自習室を

平日は23:00まで、祝祭日・土日は10:00~22:30まで開けます。

(夏期・冬期・直前期はオール10:00~23:00まで)

※やむをえない理由で閉める場合は事前に連絡します。

 

 

 

生駒スマッシュの特徴⑦

卒業生・友達紹介が多い

先日、ふと思い立って調べてみたのですが、

昨年・一昨年の生駒スマッシュの入学者の半数以上(350人強)が卒業生・友人紹介です。

 

自分のこととして思い浮かべて下さい。

 

後輩や友達に紹介する場合、自信のないところを紹介するでしょうか?

 

これだけでも、生駒スマッシュがおススメできる予備校であることが

分かってもらえると思います。